簡単
熟練の技術は不要です。

  1. ナイスジョイントは簡単施工!習熟に多くの時間を必要としません

    従来の工法では鋼管にネジを切るなどの高度な技術が求められましたが、拡管式のナイスジョイントは、習熟に時間を要しません。専用の拡管機を使えば誰でも簡単に加工することが可能です。また、施工は拡管したパイプを継手本体に挿入し、袋ナットを取り付けるだけなので簡単でスピーディー。数時間のレクチャーを受けるだけですぐに作業が始められます。

    • アタッチメントを取り付ける

    • 袋ナットをヨークに取り付ける

    • ガイドロッドにパイプを奥まで挿入する

    • スイッチを入れる

    • 限界ゲージで拡管のチェックをする

    • 拡管したパイプを継手本体へ

    • 袋ナットを取り付け仮締め

    • ナイスレンチで本締め

  2. 袋ナットの締め忘れ防止が容易に!締め込み状態も目視で確認ができて安心!

    袋ナットの「締め込み忘れ」を防ぐために、袋ナットの端面と継手本体に接する部分に色付きの皿ワッシャを装着しました。正しく締められていれば色部分が見えなくなります。締め忘れていれば色部分がはっきりと見える状態になるので、締め忘れを事前に防ぐことができるのです。また、締め込みの「ゆるさ」等も皿ワッシャの色部分で判断できますので、作業の安全・安定性が確保できます。

  3. パイプレンチで締め込むだけ誰にでもできる簡単作業

    袋ナットの締め込みはパイプレンチで締め込むだけです。無理に締め込むことは無く、皿ワッシャの目視により適度な締め込みが確認できます。また、専用のナイスレンチ(50Su、60Su)を使用すれば袋ナット本締めの作業効率が向上します。

    • 大口径のステンレス鋼鋼管を拡管(75Su~100Su用)

    • 小口径のステンレス鋼鋼管を拡管(13Su~60Su用)

  4. 人員人材問題は解決!

    人材不足に悩む必要はありません。ナイスジョイントの拡管作業は簡単です。ねじを切ったり、火気を使用するといった熟練の技術はまったく不要です。また、ナイスジョイントとステンレス鋼鋼管で組んだ配管ユニットは軽量なので最小人員で作業ができます。

  5. 全国で施工説明を実施 初めての人でも安心して作業できます

    オーエヌ工業株式会社では岡山本社をはじめ、北海道、東北、東京、大阪、中国・四国、九州営業所と全国7拠点から皆様のご要望に応じて訪問施工説明を行なっております。専用の拡管機やステンレス鋼鋼管用切断機などの作業手順などを判りやすくご説明致します。